だるまさんが転んだ~文京区ママの日常blog~

坂が多いので転ばないよう気をつけて生きています

鼻がツンとした母の日

息子君に母の日のカーネーションを貰って、、鼻がツンとしてしまった母ちゃんです。

f:id:papikoon:20190513000013j:plain


私の中で「母の日」とは、年間行事に入っていない行事だったから。
保育園での恒例の制作物こそあれど、あれは0歳時代から本人の意思とは関係なく贈られるもので、通過儀礼のようなものだったので。。

パパさんとのお散歩から帰宅して、「はい、ママ、いつもありがとう」というセリフと一緒に、お花を差し出されたので、昼食作りしていた私には不意打ちで。


鼻がツーーーーーーーーーーーン。
ご飯作ってなかったら泣かされてた(汗)
キューーーっとするけど、ほっこり温かい感動。
嬉し泣きなんて、人生で1度だけだけど。あれに近い感覚。


もうね、ママは日々、うれしくて寂しいのだよ。
こんなに至らないママを、惜しげもなくママ大好き!っと言ってくれ信頼してくれて。
毎週末、息子君の爪を切るときに、その大きくなっていく背中を後ろから覆って成長をかみしめる。
あんなに大変だった小さくて柔らかかった爪。すぐに飽きてじっとしてくれなくて大変で。それが、手も足も大きくなって爪もしっかりしてきて。じっとしてくれているからすぐに終わってしまう。
パチン・パチンとママに爪を切らせてくれるのも、あとどれくらいだろう。

あとは「ママがいいーーー!(涙)」と、本気で泣いてパパさんに抗議してくれるのは、あとどれくらい(笑)?


今日、プレゼントしてくれた母の日のお花。
プリザーブドフラワーとまではいかなくても、押し花にして、残しておきたいなぁ。


なんともない母の日が、人生で指折りの感動的な日となった記録でした!