だるまさんが転んだ~文京区ママの日常blog~

坂が多いので転ばないよう気をつけて生きています

兄妹の180度違う性格

f:id:papikoon:20190224011435j:plain

f:id:papikoon:20190224011504j:plain

東京ドームシティでスタートしたカルピスじゃぐち!

初日の金曜に、保育園退園後、その足で行ってきました~。子どもの夢、、というより母ちゃんの夢(^ワ^;)

白い蛇口をひねると冷たいカルピスが!夏にやってほしかった(笑

名札に書かれた子供の名前をじゃぐち君が呼んでくれたり、手を振ってコミュニケーションとったりと、センサー技術?が使われていて、子どもたちもとっても嬉しそう。2人でキャッキャ言っておりました。行ってよかった!近場で良かった!

そんな兄妹仲良くスクスク育つ我が家のお子さんs。姫さんの成長が増すにつれ、良くも悪くも兄と一緒に遊ぶことが増え。激しさが増す一方。沈静化なんてなく。息子君1人でも相当やかましいのに、2人よる相乗効果たるや・・・。

そんな仲良し兄妹だけれど、やかましさを除けば180度真逆をいく性格も持ち合わせていて、曇りのない「個性」は見ていてなかなか面白い。子どもって、相反する性質でも同じ屋根の下で暮らして共存できる点が素晴らしい。

そんな二人の真逆性質をせっかくなので記録をば~。

■兄妹あるある?キッチリ繊細長子&世界の中心はワタシ末子
息子君は細かい気質。玄関の靴の整列もきっちり、衣類の畳もきっちり。仕事きっちり!!
そのキッチリは母ちゃんにも向けられ、ある日お気に入りのチラシを姫さんに破かれ(息子君が泣いてしまったので)母ちゃんがテープを張って修復すると、「ここ、貼れてない」と1cmもない端を指さし指摘。こまかーーー!!それくらいいいじゃんかーー!!っと思いつつ
「はい、すみませんでした。。」と謝りながら張り残しがないようキッチリ貼りました。
細かい、ということ以外にも、初めてのことはとことん慎重(というか手出ししない)だし、繊細だなぁと感じる場面は日々多々あり。

一方のまだ1歳半の姫さんは、タフ。強し。ぶっとい。それも猛烈に。
基本的に上の子がやっていることは自分もできると思っている気配があり、突然強烈デンジャラスなことをやろうとするから肝が冷える。。
椅子の上に立って何を思ったか突然そのまま後ろに倒れて、あと少しで床に頭から落ちるところだった。。いま思い返しても恐ろしい。。(その少し前に息子君が椅子の上で親に甘えて体を大人に預けて寄りかかっていたのを真似しようとした・・・?)
兄に玩具を奪われると、猛抗議の奇声を上げて奪い返しに果敢に挑む。身長差20cmはくだらない相手ですが。。
また息子君はいまだ暗い部屋は大苦手なのに、姫さんはまったく臆せず。普通に真っ暗部屋に1人でも突入~。
あとは大人の「ちょっと待って」が通じない。。息子君は空気を読んでいたのか、けっこうサラっと待っていてくれたのに姫さんは1秒も待てない!スタイル。


■恐いときは泣くダンスィ&睨むジョシィ
息子君は0歳児時代より怖いものが大嫌い。怖いと感じたらすぐに泣く、、と至極ノーマルな反応まではいいんだけれど。0歳クラスで生まれて初めて(節分で)鬼を見た際、怖すぎたのか腰を抜かしてホフク前進で担任の先生まで避難する様子が連写写真に残っている。
一方、姫さんは今年初めて鬼と対面し、、逃げたは逃げたようだけれど、、ドアまで逃げてあとはひたすら怖~い表情で「こっちこないでよ!」と言わんばかりに鬼を睨んで微動だにしなかったとか。。泣かなかったことに驚きつつ、、やっぱり強し。


■スープアンチ男子&スープ女子
息子君はまずおかずから食べ始め→ごはん→スープを(好きではないので)ダラダラ、、というのが毎食のお約束であるのに対し
姫さんはまずスープから食べ始め→おかず→ごはんを(好きではないので)ダラダラ、、というコースが鉄板。
要はスープが何より大好きな姫さんと、何より食べたくない息子君。
汁物は少し冷まさないといけないから、息子君はどうせ最後に食べるからそのままテーブルに出しても支障ないのに対し、真っ先に口にする姫さんの分については、料理の中で1番最初に作り終えてかつ1人分だけ先にお椀によそい、冷凍室にIn!っという工程が毎食発生。


■フォークできれいに食べる派&スプーンで好き放題に食べる派
息子君が姫さんと同じくらいのとき、彼はフォークで基本は食事していてスプーンがやや苦手だったのに対し、姫さんはスプーン派で自分からはフォークで食べようとしない。
そして、息子君は大人が教えなくても割と周囲を汚すことなく、ただただ黙々と食事していたのに対し、姫さんは、、えげつなく汚しまくって好き放題やるお食事スタイル。
気に入らないとお皿ごとまたは食材をテーブル上に投げつけたり、お皿を持って床に中身をザバーっとやることもあって。少し前までは、テーブル上のお皿を手でザーーーっとワイパーのように全部落としたりもしてたし。
本当、この時ばかりは本気でワナワナする。というか、母ちゃん1人の時や保育園では至極よゐこに食事をしているんだけど、大人2人が揃うとカオス(TT)
つまり、週末は大体カオス。この汚食事スタイルがいつまで続くのか、夫婦ともに食事がやや重いタスクとなりつつ(T口T)

 

■パパ、ママ、言える順番が逆!
息子君はなかなか「パパ」が言えなかった過去が。その気になれば言えたのかもしれないけれど、とにかく「パパ」となっかなか言わなくて。パパという単語が出る絵本なんかも用意して努力した記憶が(笑)
一方の姫さん。なんと「ママ」を言わない・・・!!!どういうこと!!!全然笑えない!!!
「パパ」は普通に言えているのに彼女の口から「ママ」を聞いたことがない。
泣いて泣いてすると「ママー」と、辛うじて言ってる?? 心配しなくてもその内言うようになるのは分かる。が、普通、ママなんて1番最初に出てくるレベルの単語であろうに。母ちゃんは彼女の語彙の何番目になるのか。
「どんな育て方してるの??」なんて心配されそうで実の親にも言えない(--;


■TVはじっと座って見る派&たまらず画面前まで繰り出す派
EテレでもDVDでも、普通の番組でも。息子君はじーーーーーっとソファに腰かけて食い入って観ているのに対し、TV画面目の前まで来て指さしたりあーだこーだ何かを言っている姫さん。
顕著なのが、番組で体操が始まると姫さんはノリノリ!体が動いちゃう!なのに対し、息子君はこんな場面でも見る専門。


挙げればまだまだ。。

特に息子君は近頃よりキッズ化が進み、反論してきたり、大人の会話に口を挟んできたり、かと思いきや急におっぱい星人で先祖帰りを疑う気配を見せたり。ユレユレ状態。

あと1月もしたら進級。保育園児折り返し地点。

成長目覚ましい息子君から、今後も目が離せない~(危険という意味では姫さんからも目が離せない!汗)