だるまさんが転んだ~文京区ママの日常blog~

坂が多いので転ばないよう気をつけて生きています

8月雑多な記録

第二子、臨月です、正産期です、もう出てきてくれと切に願っている母ちゃんです。
お腹破裂しそうだよ。お腹が頻繁に張って苦しいし、脚は浮腫むし、何するにも「どっこらしょ」で体が重たいし。
息子君を抱っこすると、もはやお腹の上に息子君を置いている描写になっている。
座っていると、息子君は母ちゃんのお腹の上にトミカを並べたり走らせたりするのもお約束になりつつ。

 

早いもので8月も今日でおしまい。
前回の更新から何だかんだあったので、雑多なかんじになるけど時系列に記録をば。

 

【1】マタニティーブルー
嫁姑問題、というほどではないけれど、普段はまったく干渉・関与してこないパパ実家と産後のことで一悶着。揉めてないけど、嫁(私)と姑の間にパパが立たされてちょっと険悪な雰囲気に。
先方の要望は「出産で入院している間、孫(息子君)とパパさんの世話をさせてくれ」というもの。いやいや、、待ってくれ。どうして普段の何てことない時に来てくれず、家族の一大事に限って来るんじゃい、、と。

赤ちゃん帰りとイヤイヤエントリーが始まっている彼をこれ以上刺激したくない。ママが5日間もいないってことだけでも相当非日常なのに、これ以上普段と違う環境を設定したくない。
というか、息子君は日中保育園だし、パパさんもアニバーサリー休暇で5日間は休めるから負担ないはずだし。何しに来るんですか??(姑が泊まるとなると、それはそれで事前に買わなければいけないものがあったり掃除やら支度やらが必要で却って気苦労が増えるな。。。)ということで、もっと普段通りで落ち着いたときに孫相手に遊びに来てください、とパパを通して1度はお断り。

が!すごいヘソを曲げて怒り出してしまったとかで逆にパパから私に「(上京してくることを)許してあげてよ」と出張先から電話でお願いされる。「普段は行かない、一大事だから行く」とも言われたらしい。それって私が入院していないから遠慮なく来れるけど、普段だと遠慮があるから(?)行きません、、とも被害妄想激しいけど受け取れてしまい。。
一大事だからそっとしておいてくれ、とお願いしているのに。。 (´;ω;`)

しかもそんな気持ちである私の気持ちより、親をたてるパパにも失望。出張先から帰ってきてもこの話題に触れることなく。お盆休み10連休、姑に関して・第二子を迎え入れるための部屋の掃除やレイアウト変更・陣痛時の私の母への応援依頼等々、話し合うことはたくさんあったのに、事前に話そうと言っておいたのに、私から口に出さなかったので何一つ進まず。何一つ話し合われず。この受け身すぎる生き物に本気で落ち込み、連日泣いても泣いても晴れなかったのでついには実家の母に泣いて愚痴ることに。この恨みは一生忘れられないな。。

で、少し冷静になれたこの週末に「あんたは第二子を迎える気はあるのか。いまの状況下、とてもじゃないけど協同体と思えず陣痛が来ても教えない。連絡しない。実家の母に頼る段取りですべて考え、進め、実家にもそう伝えてある」と淡々と喧嘩をふっかけたところから始まり。

まぁ、一旦は解決。時間が経てばどうせまた受け身になるだろうけど。期待しないでタスクリストで見える化だな。本当、仕事ではできることがどうして家のことになるとできなくなるのか、生物学的に不思議。

 

【2】34wでまさかの逆子復活
34w終盤、「胎動の位置が何か変(やけに膀胱を攻撃される感覚)なんだよねー」なんてパパにぼやいた翌日、やけに胎動が弱くて、心配になったので病院に駆け込む。そこで逆子復活が判明!
もう時期が時期なのでその場で予定帝王切開日が組まれ、、どうしても経腟分娩がいいと食い下がる私。そこで先生から『(逆子を治す)外回転術』または『逆子のまま自然分娩に臨むが管理入院が必要で予定日2週間前から入院』の提案を受ける。リスク的にも現実的にも外回転術を先に受けて、逆子が治らなかったり復活した際は管理入院を考える、、と決まったら、その翌日に逆子が治る(笑)

病院で紹介された逆子体操は胸膝位だったけれど、私は追加で仰臥位も。ブリッジはブリッジでもかなり腰を高く上げての仰臥位。ベビさん、スパルタ母ちゃんでごめんよ。治ってくれてありがとう。

 

【3】おめでたくないけど、自分おめでとう、30と1周年バースデー
普段、息子君とのお散歩準備はダラーっと支度するパパが、やけにササっと支度してベビーカーまで引っ提げて「お散歩行ってきまーす」と。もう分かりやすいよね、、きっとケーキか何か予約して取りに行ったな(笑)と思っていたら予感的中。

私の30と1周年の生誕祭はアオキサダハルのレモンチーズケーキでした。
アオキサダハル、、パパの中ではプレゼントの鉄板なので美味しいのは間違いないんだけど正直もう飽きたーー!ホワイトデーのときは3年連続だったから流石に事前にアオキを拒否しておいたら、今度は誕生日かーい!

f:id:papikoon:20170831151936j:plain

【4】息子君、ヘルパンギーナに羅患
お腹ゆるいなー、鼻水出てきたなー、と思っていたら一気に39度まで発熱。しかも普段は熱があっても元気いっぱいなのになんとグッタリ。辛そう。しかも日曜日の夕方18時ー! ということで様子をみつつ病院は断念。
明朝、熱は6.5度まで一気に下がって、元気復活。知恵熱の類?と思って病院は見送ることに。大事をとって保育園をお休みして様子をみていたところ、どうもヨダレが出る。トマトを食べると泣き叫ぶ。レモン水を飲ませても怒る。
口内炎って診断で終わればそれまでだから、やっぱり念のために病院、、となって診察してもらった結果、ヘルパンギーーーーーナーーーー。先生に「お母さん、マスクしてください!!」と急いで2重マスクを手渡される。
保育園は1週間お休みなので、24時間母子だけの最後の濃密な時間を堪能している現在です。
外出もできないからEテレにもお世話になり、体操が始まると嬉しそうに部屋中バタバタ走り回っております。アンパンマンはすぐに飽きてしまうから、じっとしているのが苦手のよう。母はピタゴラススイッチが好きだぞ。

 

以上、第二子産前の雑多な記録でした。