だるまさんが転んだ~文京区ママの日常blog~

坂が多いので転ばないよう気をつけて生きています

息子君はインドア派? GW17の思い出

f:id:papikoon:20170503133757j:plain

久しぶりの更新でっす。

今日からGWも後半戦、我が家は5/1・2を休んで前半戦に四国~淡路島旅行に行ってきました。

写真は、パパが息子君とさりげな~く入ったホテル内のお子様用ゲームセンターで、投資額500円に対してのリターンというか、トミカのミニカー10個とプラスチックの車1つ。まさに一攫千トミカ。大フィーバーの場面を前に、パパママ大興奮で、かたや息子君はどんどん落ちてくるトミカを取り出し口から黙々と拾う状態。今回の旅行の1番の思い出はこの大フィーバーであること間違いない(笑)

息子君のおもちゃを失念して、慌てて空港でトミカを2つ買い足していたため、我が家は現在トミカだらけ。

 

さて、今回の旅行で息子君は2度目の旅行で2度目の飛行機でもありました。

旅行は去年のGWに箱根に行ったのだけれど、8カ月のベビさんは大人ペースでまだまだ過ごせており、お風呂にちょっと苦戦したくらいで、のんびりとできたものでした。今回は、息子君に色々普段味わえない体験をしてもらいたくて、動物とのふれあいや海を主目的に行動。

結果、ぜんぶダメ(笑)

f:id:papikoon:20170503140357j:plain

もう大泣きで、却ってストレスにしかならないと思えたので、中断。。

動物とのふれあいでは、餌を持たせたら、お約束の動物がワラワラ集まってきて大号泣。というのも、相手はフワモコのおとなの羊さん。毛剃り儀式前のモコモコな巨体が迫ってくるとあって、パパも若干逃げ腰。おい!

勇気を出して、迫ってきても泣かずに逃げずに再チャレンジできた際、手を差し出したまでは良かったのだけれど、餌を握ったまま手を開くことをしなかった(理解できていない)息子君の手は、羊さんのお口にむしゃむしゃされ、そこからは再び死にそうな大号泣。

※母も何度か手をむしゃむしゃされたけれど、唇でハムハムされる感触だけで噛みつかれたりはしない

飼育員さんにも「ごめんね」なんて謝られてしまい、いえいえ、、ちょっとまだ早かったみたいです、と足早に立ち去りました。。

そして海は砂浜遊びは楽しそうだったけれど、波際に連れて行くと「抱っこ!抱っこ!ビエ~」と、これまた死にそうな大号泣。パパにひっついて降りようとせず、塩水にふれることすらなかった。。

かくして、早めにホテルに戻った我が家は、することもなくお土産コーナーやゲームセンターでフラフラしていたところ、まさかのトミカフィーバー。息子君が早くトミカの箱をあけろー!っと急かしてくるので、部屋に戻っていつも通り屋内遊びとなってしまったのでした。。

 

【GW17の記録】

~初日~

羽田空港フライト:じっとしていられない、集中できないで大騒ぎ。隣席のお婆ちゃんにもお世話になる

徳島県着、祖母宅:従妹の子供(4・6・8歳)から洗礼を受けて大号泣

ホテル着:スタッフが荷物を運ぼうとキャスターをガラガラ動かした途端、「僕が運ぶの!」と怒り狂う。スタッフさんも戸惑い、運ばなくてよいか確認される。案の定、まともにキャスターなんて押せるはずもなく、息子君がグイグイ押すので親が軌道を調整し、なんとか部屋に到着。

夕食:大人の取り分けをあげるつもりが、すべて拒否されうどんを追加注文。半分近く麺が床に落ちる傍若無人な食事スタイルに大人は疲弊。。

入浴:慣れない大浴場で大号泣(だったらしい)。

就寝:自宅では床での就寝スタイルのため、今回は親子で初めてのベットでの川の字。なかなか寝付けず、やっと寝ても息子君の寝相の悪さが相まって、何度も泣いて起きてしまって、親子で寝不足。

~2日目~

朝食:あれイヤ、これイヤで、パンとバナナとオレンジしか食べず。

淡路島牧場:巨大なホルスタインに逃げ腰。抱っこした状態で柵から顔を出した牛に近寄ると大号泣。パパにひっついて牛を見ようとせず。牛乳とソフトクリームを堪能。

www.awajishima.or.jp

イングランドの丘:動物とのふれあいで、羊に大号泣。屋内施設のゲージに入ったウサギのみ、興味ありげに観察していたけれど、触ろうなんて様子は皆無。

www.england-hill.com

海:ホテルで砂遊び道具を借り、砂遊び。これは楽しそうにご満悦。波に触れてみては?と、波際に連れて行くと大号泣。

ゲームセンター:気になるものがあると、バンバンたたいてほしそうな様子。パパがさりげな~く挑戦したゲームでトミカフィーバー。部屋に戻って夕食までトミカで遊ぶ。

夕食:グズグズ再来。別メニューを追加注文するも、ほとんど食べない。食事に飽きてじっとしてくれず、大騒ぎを始める。スタッフさんが気遣ってくれ、風船プードルと剣?を持ってきてくれるも、火が付いたコンロと鍋があったので、風船を振り回す息子を静止させるのに却って疲弊した。。

入浴:2度目の大浴場も号泣(だったらしい)

~3日目~

朝食:今回の旅行で1番まともにご飯を食べる。野菜類は一切NG

国営明石海峡公園:広々とした緑と花が豊かな公園に大人のくすんだ心が浄化される。こどもの森では、壮大なアスレチックがあり、ローラー滑り台にはまった息子君。最終日の限られた時間に来るのが惜しい施設だった。

淡路島 国営明石海峡公園 | 海をのぞむ花とみどりいっぱいの公園へ

 

伊丹空港フライト:昼食をとろうにも、すべて拒否。ママがついに切れる。空港ロビーに響き渡る息子君の泣き声。が、飛行機に乗るとすごいイイ子。おもちゃなし・おやつなしで席に備え付けられている雑誌のみで1時間半ほどのフライトを乗り切る。

 

今回宿泊した宿

travel.rakuten.co.jp

以上