読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるまさんが転んだ~文京区ママの日常blog~

坂が多いので転ばないよう気をつけて生きています

日常への回帰、つらいときの家出計画記録~宿泊施設編~

流産記録から2週間も経ってしまいました。

この2週間、けっこうメソメソ・イライラの繰り返しで、メンタルが芳しくなくBlogに向き合う気力がわかずにいましたが、今こうしてタイピングできているのは、きっと日常への回帰傾向なんだと、少し嬉しく思います。きっかけは排卵の気配が見られたため。「私の体なのに、私の気持ちはそっちのけで元に戻った(戻ろうとしている)んだな、この勝手なやつ(体)め」と思ったら気持ちが軽くなった。時間は進んでいくんですね。

 

あ、主人への無言の抗議=指輪外しは続行中です(笑)この2週間、さらなる恨みつらみが重なって、本気で家出計画を模索しました。行動計画は完成しているので、あとはいつでも実行に移せるのが昨今の自分の自信だったりします(笑)

 

こんな記録残しても「しょーもない!」気もしますが、長い夫婦生活、1度くらい家出しちゃうかも、な私なので、いくつかの宿泊施設の記録をば。

 

■息子君同伴編

1)ウィークリーorマンスリーマンション

冷暖房や冷蔵庫、洗濯機、TV等々、生活するうえで必要な設備が事前に備わっている。文京区で検索してみると、思いのほか物件数が多くて驚いた。ただし、1R:20㎡前後の広さで1カ月契約にしても賃料12万前後、これに一律水道光熱費・管理費・清掃費等々が加算されるので20万円くらい簡単に届いてしまう。保育園近く・自宅近くにもそこそこ良い物件はあったけれど、何しろコスト高なので、これは本気別居時の選択肢となりそう。

2)ホテル

都内ってだけでホテルには困らなそうだけれど、子連れだと選択肢は狭まるもの。その中で、素泊りできる近隣ホテルにフォーカスしてみました。

No.1)ホテルリブマックス後楽園

なんといっても自宅から近い(=必要な資材を取りに帰れる)。そして安い。学生時代に名古屋のリブマックスに泊まったことがあるので、なんとなくホテルや部屋自体の雰囲気はわかる。安かろう、、なところは否めないけれど、寝るだけだったら文句は言うまい、となるお値段。

No.2)水道橋グランドホテル

東京ドームシティから後楽園ホテルに移動するより、近いホテル(笑)お子様歓迎のプランがある!というだけで喰いついた。値段は安過ぎず高過ぎず。本気で怒り狂ったら1週間くらい泊まれそうなお値段。

No.3)ザ・ビー水道橋(the b suidobashi)

本郷居住時代、こちらのホテルの隣のマンションに住んでおりました。当時は別会社のホテルだったんだけれど(笑)リブマックスにちかいものを感じる。こちらも東京ドームシティが近い。

 

■息子君同伴しない編

ネットカフェ

学生時代、卒論提出間際に1人暮らしを始め、ネット開通に1週間待たされた際、1週間ネットカフェに泊まり込んで卒論を仕上げた過去があるので。。もはやネカフェに住める質であることは知っている。1・2日程度のプチ家出ならコストも抑えられて飲食に困らないこちらが最有力候補。そしてネカフェなら、文京区を脱してお隣豊島区が先進的!

 

No.1)

www.hailey5cafe.com

No.2)

www.bagus-99.com

No.3)

rakutama.com

泊まり込んでまでネカフェに入り浸りたいパッションは、遠い昔に消失したけれど、検索していたら気になって仕方ない。今度、時間があったら息抜きに行きたいな。

以上、家出計画宿泊施設編の記録でした。