読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるまさんが転んだ~文京区ママの日常blog~

坂が多いので転ばないよう気をつけて生きています

猛獣妻を娶った主人の優しさ、その1

我が家のこと

※いい大人がのろけますので、この記事を運悪く目にした方の気分を害しかねないため、予めご了承いただきお読みいただければ幸いです

これは、我が家の平日の朝のお話です。 

 

我が家のパパは、根っから真面目で心底人に尽くすというか、世話好きなところがあります。どうしてここまでお世話さんなのか、唯我独尊なママは本当に関心し、尊敬します。というのも、まずは下の写真をご覧ください。

f:id:papikoon:20160923162942j:plain

洗面台にお水(お湯)が入り、洗顔料が横にスタンバイ。これを使用するのは私なのですが、ここまでのスタンバイはパパがやります。もちろん「準備しておいて」なんて言ったことも思ったこともありません(笑)

 

私と息子が起きてくる前にパパはシャワーを浴びます。そのついでなんだとか。ついでにしても、普通奥さんの洗顔準備をしてくれる旦那さんってなかなかそうそう聞いたことありません(笑)さりげなーーくスタンバイされているので、最初の頃は「これ、、洗顔料わたしのだけど、洗面器のお湯つかっていいの???汗」と確認していました(^^)でも朝は忙しいのでとても助かります。準備してくれるその気持ちもうれしいです。

 

ちなみに、我が家は主人と私で10歳離れた歳の差婚です。主人のマインドがやや若め?なのと、私が同年齢プラス5歳くらいの精神年齢なので、10歳離れていることを意識することはほぼ皆無です。

 

お付き合い当初こそ、主人は年齢差を気にしていましたが私は両親が9歳差なのでまったく気にならず、私のほうから押せ押せしていたように記憶しています(笑)結婚から3年半、交際期間を含めると5年と少し、、なんだか恥ずかしい記憶になりますね(^^;)ガゾウハジッサイノケッコンシキノモノー

f:id:papikoon:20160923161513j:plain

歳の差婚だと、よく甘やかしてくれる、、なんて目にしたり聞いたりしますが、まさに我が家もそれで、主人は甘いというか優しいというか長男っぽいです(笑)私は私でthe☆末っ子な性格で、勝ち気で根拠なく自信があり、我を通して突き進み、謝るのが苦手 ←末っ子というよりどうしようもない性格なのは自覚してます。。

 そしてタイトルにもある通り、私の干支は五黄土星の寅(いわゆる気の強い「五黄の寅」)、星座はしし座、どうぶつ占いはオオカミ。はい、全て猛獣なんです。何が言いたいのかというと、決して肉食ではないものの気の強さは確かで、日々「オラオラー!!」っと尽き進む私に、やんわり付き合ってくれ、気を利かせ、フォローしてくれる主人には頭があがらないのです。

だから、洗顔の準備なんて主人の先回り準備シリーズの1コマに過ぎないのですが、本当にまめで普段から家事も普通にするし、子供とも遊んでくれるので、私はけっこうラッキーなママなんだろうなぁ、、と心底思いあがるのです。感謝感謝なのです。

結婚は人生の墓場、結婚をしない若者、、いろいろ悲観的な結婚論がちまたにあふれていますが、それはそれで構いませんが、ほのぼのと普通の幸せを築くのもいいと思うのですがね。

 

「こんなことまで(主人に)お世話させてるんかい!」っと(私の)母に叱られたこともあるので、また機会がありましたら『その2』なんかも書いていこうと思います。